1. ホーム
  2. カリキュラム
  3. 専門教育

カリキュラム


国際ビジネス学科の専門教育

「英語・ビジネス・多文化共生」の調和を考えて
国際化に対応できるビジネスの担い手を育成する「専門教育」を展開。

「英語+ビジネス+グローバル・キャリア」でグローバルビジネスを動かす

将来設計から就職、さらにはグローバルビジネスの舞台まで導く
「グローバル・リーダーズ・プログラム」を開講。

1年次から始まる「グローバル・リーダーズ・プログラム」では、ビジネスを動かせる人材の根本となる、自己理解力や将来設計力をはじめ、課題発見、課題解決、発信や働きかけ、情報活用など、自己をを向上し他者を巻き込むグローバル・リーダーシップを身につけていきます。具体的には学科のキャリア教育と連動した「キャリアデザイン」をはじめ、「ロジカルシンキング入門」「ビジネスコミュニケーション」「ビジネスリーダーズプログラム(基礎)」「ビジネスリーダーズプログラム(実践)」というように段階的に学習し、グローバル・リーダーを育成していきます。さらに、学外におけるインターンシップでは就業体験により将来の各自の方向性を確認したり、「ツーリズム研究プログラム」などの産学連携プログラムでは、旅程管理主任者資格を取得できることなど就職に対応した様々なプログラムが用意されています。

グローバル・リーダーズ・プログラムによってリーディングカンパニーが求める資質を磨く

グローバルビジネスを意識した4つの系による専門教育

一般的な経営学科とは異なり、外国語大学の中にある国際ビジネス学科として、英語力をもとに、グローバルビジネスを意識した教育を提供しています。専門教育においては、マネジメント系、マーケティング系、ファイナンス系、アカウンティング系を用意。それぞれに講義のみならず演習科目を設置。講義で扱う題材もグローバルビジネスを意識したものを多数用意するほか、ビジネスの場面を想定したビジネス英語も開講しています。

教育方法においても、世界各国のMBAホルダーを教員として揃えているため、欧米のビジネススクールさながらのディスカッション形式を採用。知識の習得のみならず、「いかに意見を伝え、相手を説得していくか」といった、ビジネスにおけるコミュニケーション能力を養成していきます。

マネジメント系 マーケティング系
ベンチャービジネスや起業論、ITマネジメント、ビジネス・イノベーションなど、“世界”でビジネスを構築すること、そのビジネスをマネジメントしていくための能力を育成します。 マーケティング基礎から始まり、グローバル・マーケティングといった世界を意識したマーケティング分野についても学習します。また、戦略立案など実践的な学びも提供します。
ファイナンス系 アカウンティング系
ビジネスに関わる財務投資や証券市場を中心に、グローバル・ファイナンスといった科目も設置します。また、演習を通して、ファイナンス面から企業分析が行えるレベルの能力を身につけます。 会見原理を理解した上で財務会計や経営分析について学習します。英語テキストを用いる科目も設置し、公認会計士と米国公認会計士(CPA)のダブル取得をめざすこともできます。